実りの秋

種まきから早5ヶ月。

たわわに実った黄金色に輝くお米たち。

 

天候を予測しながらタイミングを見計らっての刈り入れ。

本当は田植えから携わってくれたみんなと

稲刈り体験イベントも催したかったのですが、

台風や、日程調整など難しく 自分たちだけで行おうかと進めていました。

 

結局 気にかけてくれていた友人たちが様子を見にきてくれたり

手伝ってもらったりしながらと今年もにぎやかに

無事全面刈り終えることができました◎

ありがとうございます!!!

https://www.instagram.com/p/BodWczfhOB6/

 

刈り終えた稲たちは  "はざかけ" をします。

お米の水分量をベストな状態にするため天日干しで

ゆっくりじっくり乾燥していく昔ながらの方法です◎

 

近年は乾燥機で一気に乾燥するのが主流のようですが、

はざかけ されたお米はやっぱり一味も二味も違います!!

のうみんふぁ〜むの妻神米、満月餅は毎年はざかけしております。

 

自然と人が交わって生まれるこの景色も大好き。

お日様に照らされ風に吹かれる稲たちも気持ちよさそう〜

f:id:nomin_universe:20181011103819j:plain

新米まであと少し、工程はまだ続きます。

 

同時進行で、村のおじいさんのお手伝いを合間にしています。

米袋(30kg)の積み下ろしなどの力仕事。

何十袋と移動させるのはなかなかハードでございます。

 

私はそんなに力にはなれないのでメインで動くのは主人なわけで、

先日腰を少し痛めてしまいました。。

若干の痛みと違和感を覚えるほどで、

これ以上負担がかかると危ないなぁといった具合。

 

その晩はしっかりCS60でケアをして休んでもらいました。

だんだん患部が膨れてくるような感じがあってポカポカ発熱。

痛みも徐々に抜けていき、腰のあたりから

脊柱を通って肩甲骨のあたりまで電気が走っていく感覚がありました。

筋肉疲労は特に即効性があると実感。

 

翌朝、痛みなくスムーズに動く!と元気そうな姿に一安心。

からだの使い方に気をつけながら順調に作業できています◎

 

まだちょっと油断するとぶり返しそうな感覚もあるそうで、

改めてからだの使い方や姿勢の大切さを教えてもらいました。

 

忙しさが重なったり、夢中になって没頭していたりすると

からだへの配慮がどうしても薄れてしまう時があると思います。

そんな時はどうぞ深く呼吸し重心や中心を感じて、

ベストな姿勢、動き方を探してみてくださいね!

感覚と握手

あんなに暑くて、雨が降らなくて、田んぼの水が枯れそうになって

ヒヤヒヤ、ハラハラしていたのに。残暑もなく秋突入?

 

稲たちは穂が垂れ少しずつ籾が膨らんできています。

 あぜ道を歩いていると垂れた稲穂がこっちを見てる気になってくる。

気になる ということは何か発しているのだろうか?

からだが振動をキャッチしたのだろうか?

思わず穂先と握手。これがものすごく しっくりくる◎

 

刈り取り時期はいつになるかな?もうちょっと膨らんでからだな、

と完全に感覚だよりです。

からだの感覚もそうなんだけど、手の感覚(触覚)ってやっぱりすごいな〜

 きゅうりの時と通づるものがある。

nomin-universe.hatenablog.com

 

 

微妙な差異もなんとなくわかるというか。ちょうどいい感じ、しっくり感とか。

例年のデータはある程度参考にはなるけど、天気も土も稲の状態も同じはないから

頃合いを見計らって動きます。対話、ふれ合いが大切ですな。

 

うるち米:ミネアサヒ

もち米 :マンゲツモチ 

 今年はどのくらい獲れるでしょう?

近づく収穫期にそわそわし始める のうみんふぁ〜むです*

 

https://www.instagram.com/p/Bnw_3kZlUiv/

マンゲツモチ🌾あぜ道に垂れた穂が続く。思わず稲穂と握手🤝ちゃんとふくらんできています◎水もたっぷり入ってる✨イモリ?ヤモリ?かわいい住民🦎#nominuniverse#のうみんふぁーむ#稲穂#マンゲツモチ#もち米#田んぼ#水田#ricefelds#イモリ#ヤモリ#里山#seedoflife#新米#farming#無農薬#organic

 

 

いのちの環

イノシシが久しぶりに罠にかかったぞ、親子で。

 

連絡をくれたのは定期的に施術を受けてくれている村のおじいさん。

 

nomin-universe.hatenablog.com

 

最近は車の運転もできるくらいまで 回復してきています。

 

仕留めからちょっと手伝ってくれないか?と相談があり、参加することに。

 

おじいさんの息子さんも加勢し

久しぶりのこの感じにドキドキしながら檻罠があるところに行ってみると、

母イノシシと、うりぼうくらい(縞はなかったので少し成長している)の子イノシシが

ちょろちょろと動き回っていました。

 

母イノシシは威嚇して泥を飛ばしたり、檻の中からでも突進し、

顎をガチガチ鳴らしています。鼻先には突進でできた深い傷があり痛々しいです。

 

子イノシシが前に出てこようとすると

自分の体を押し出して庇うように子を守ります。

 

怯える様子もなく勇敢なその姿 に ”生” 感じます  。

"生" は 息が絶え心臓が止まる瞬間まで力強くエネルギーを放ち、

ある瞬間を境に 急速にどこかへ抜けていく。

そして 生は死へと変わっていく。

 

様々な気持ちが湧き上がってきます。

目を背けたくなるようなことに目を向けると色んなことが浮かび上がってくる。

 

おじいさんも久しぶりのいのちとの対峙に勘が戻ってきたのか、血気満ちていくような感じ。

イノシシが掘り起こしたぬかるみに、杖なしで電気槍を持って挑む。

仕留めこそ息子さんが行いましたが、

本気のいのちのやりとりに自ずとパワーが湧いてくるのでしょうか。

 

今回は解体せずそのまま山へ還すという話でしたが、

畑を荒らすから罠をかけ、罠にかかれば殺生し山へ還すというのは自分ら的にひっかかる。

ということで 、食べるために、子イノシシだけでも

監督不在のなか初めて自分たちだけで捌かせてもらうことにしました。

 

何度か解体したことはあるものの、いざ自分たちだけでとなると

なかなかスムーズには進まず時間もかかりましたが、無事捌くことができました。

きれいに捌くことはせめてもの敬意、礼儀だと感じたので、近々研修を受けに行かなきゃ。

 

余すところなくいただく、皮も楽器づくりに使わせてもらいます。

この日の夕食はハツ・心臓、レッグをおいしくいただきました。

スーパーでパック売りにされた肉を買うことが本当に少なくなってきている。

どこかへ抜けたはずの生のエネルギーは紛れもなく私の血肉となり一部となる。

死は生へと転換される。

私の勝手な都合の良い解釈なのかもしれない。

それでもいのちの背景をなるべく感じたい。

その上で自分なりの選択をしていきたいと思う。

 

価値観はもちろん いろいろあっていい。

生死・いのちの単位は動物だけに限らない。

植物も空気や水も、すべてにいのちが宿る、日本では八百万の神々で

オーストラリア先住民アボリジニたちはそれをジュクルパ(ドリーミング)と呼ぶ。

 

自分が からだまるごと、全身で本質と繋がる一端に導かれ今日も生きる!

 

https://www.instagram.com/p/BnsCpDHFL4a/

生きることは食べること。.ゲッコーもせっせと狩りしてる。

ドリームタイム◯

 

https://www.instagram.com/p/BnkOgiQFzD1/

先日k.coly_colyさんでの新月ヒーリングで展示したアボリジナルアート。

マリーランブル氏の[カンガルードリーミング]は

天地創造、祖先の軌跡を辿った彼女の代表作品。

 

サウンドヒーリング x CS60のセッションではアートによる空間デザインも

楽しんでいただけるようその日のイメージに合うものをチョイスしています。

 

アボリジナルアートは【ドリーミング】といわれる

過去、現在、未来へと受け継がれていく

アボリジニの世界観やスピリット、

叡智がつまった壮大な記憶の一部でありすべてです。

 

無数のドッドが繋がり全体を象っている。

パッとみて頭で理解するものではない

エネルギッシュな作品たちは感覚にダイレクトに響きます。

そして私たちが生きるこの現代に

なにかヒントを投げかけているようにも感じます。

 

今回のセッションは何回か受けてくださっている方も、

初めての方もみなさん からだと静かに対話されているような印象でした。

しとしと降る雨と呼応している感じ。

 

痛みが全く出なかった方もいらっしゃいましたが、

まどろみが気持ちよく施術後はとても軽やかになり重心が下がった、

足裏がしっかり着いたと仰っていました。

 

からだはそれぞれ個性があり、

日々(瞬間)変化し続けその時々の環境にも影響を受けています。

一瞬として同じはありませんから 小さな良い変化に気付いてあげることが

大きな良い変化を呼ぶポイントでもあります◎

その後の変化も味わいながら観察してみてくださいね。

 

里山で録音した鈴虫やコオロギたちの秋の音も喜んでもらえて良かったです。

新しいサイクルの始まりにお手伝いさせていただきありがとうございました。

 

次回は10/24(wed)です。

ご予約埋まってきております、

10:00〜(30分枠のみ可能)、15:00〜ご案内できます。

お問い合わせ ご予約はDM or コーリーさんまで*

よろしくお願いします。

田んぼ と からだ と アーシング

暑さもひと段落。小休止なのか?

と思わせ 猛暑が再び顔を覗かせているのうみんふぁ〜むです、、

 

ここ数日は本当に気持ちの良い日が続いていて(特に気温!)

風も吹いて稲たちも心地良さそうになびいておりました。

私自身も風が吹くと、

あーー気持ちいい〜幸せ〜最高ーーありがたやーって自然と声がこぼれちゃいます。

畑仕事の休憩もステージに大の字になってごろ寝。

空と雲や稲の緑のコントラストが眩しすぎる、なんて贅沢!

最近まで暑すぎてお外でお昼寝なんてできなかったから。。

 

台風が近づいているそうですが、雨降ってくれるのでしょうか?

少し前に恵みの雨が降ってくれおかげさまで山の清水はなんとか持ち堪えています。

 

そんなスリラーな毎日ですが、

下棚田までの水量はなく、水田が干上がってしまった為

急遽200m離れた川(魚もいる綺麗な川)からポンプアップして、

2日に1度注水してます・・・。

道中雑草伸び放題のジャングルみたいな獣道で草刈りが大変そうでした。

主人に感謝!

f:id:nomin_universe:20180822135530j:plain

f:id:nomin_universe:20180822135617j:plain

 

 まだ川の水をいただけるというのはありがたいことですね。

なので水を枯らすことなく稲達はすくすく育ってくれて、

穂をつけ膨らみ徐々に真緑から薄緑へとグラデーションしていってます。

穂が垂れてきている子も出てきてます◎

と同時に水不足の打撃で

白穂(実がついても膨らまず枯れて白くなった稲穂)もちらほらいます(涙

  

f:id:nomin_universe:20180822134014j:plain

 

それにカメムシが多い!

そしてすぐ近くにはイノシシが来ている痕跡が・・。やめてーー

稲達よ、収穫までなんとかがんばってね。

 

今年は例年よりマメに草取り、ひえ取りを行っていました。

実験として草取り回数の多いところと少ないところを設けて

様子見してましたが、その差は歴然。

 

草・ひえ取りしたところは

土がかき混ざることでスペースができ酸素が取り込みやすくなります。

そして栄養分も他に持っていかれることもなく取り込める。

成長も早いし、穂のつきが良い。それに稲達とっても気持ち良さそう!

 

からだと一緒ですね〜◎

ぎゅっとつまっていたら身動きとれないし、循環できず酸素不足になってしまう。

 

すべて手作業の為、見落としもあるし、草を取りきることは難しい。

でも田んぼの中を歩くだけでも土が混ざってくれるから

田んぼウォーキングはかかせません。

アーシングで気持ち良いですし、自分にも稲にも良いなんて最高しかない∞

体と大地をつなぐことによって、溜まっている電気を体外に放出し、大地のエネルギー(自由電子)に触れるという好循環の流れ。

なんだかCS60みたいです◎◎

 

ただ、田んぼに入ると爪の中に土が入る。頻度が多い為なかなか取れない。

この時期は足元の見た目が若干汚めです。

夏はペディキュアしたくなるんだけど、田んぼ入るしちょっぴり我慢して。

 

今日も田んぼを練り歩きます!

ハーフムーン セッション◯

満月にむけてゆっくりと月が満ちていっています。

 

先週末は日進市 赤池町にあるカフェ、

K.COLY-COLYさんで8月の施術をさせていただきました。

8/18 Half moon 半月。

満月に向かうこの月は 成長や活性を促しサポートしてくれます。

  

nomin universeでは月の暦を大切にしていて、

農仕事をする際にも指標の1つとしています◯

 

種をまく時期、定植をする時期、収穫、さまざまな場面で、

月の動きを意識して作業してみると、

確かに植物や虫たちに多くの影響があることがわかりました。

おもしろいですね〜◎

 

普通に生活していたらあまり気に留めることはないのかもしれませんが、

潮の満ち引きや出産、月経など実際に私たち人間、地球も多大な影響を受けています。

 

こうして月のリズムをセッションに取り入れているのも必然のように感じます。

月のサポートもあいまって?か、

セッションでは細胞の活性化がとてもスムーズに働いてくれました。

 

ガンクドラムの響きがからだと共鳴し滞りを自ずから解いていくような。

じわ〜っとゆるまったところにCS60で擦るとさらに動き出す。

 

ピリピリする感覚、電気が流れる感覚を 受け手も感じていて、

初めての方もびっくり。一体これは何?!と不思議な感覚を確かめながら

細かい振動、荒い振動と敏感に感じ取ってくださいました。

施術後にもしっかり反応あり。

足裏感覚が蘇り、足上げも歴然、傷めていた脚も軽やかになったそうです。

 

前回施術を受けられた方も

その後の反応もあり、繊細にからだの内を堪能されていました。

今回痛みが強く出た箇所にご本人から

「痛いけど、ここは触ってほしい感じがする」と仰られ、

からだの声を聴かせてもらいました◯ とっても嬉しい反応です。

 

施術を受けていくと からだはどんどん変化して、

一口に痛みと言ってもそれがどんな種類の痛みなのか、取り除きたい痛み、

滞りなのか、今は触られたくない など

からだ主体の声(感覚)が自然と出てくるようになります。

細胞が活性化されるといろんな発見や気づきがあるのも反応の1つですね♪

 

施術の帰り道、綺麗に半分になったお月さまが観れました。

月のまぁるい輪郭は見えていて、半分が光、もう半分は陰(影)。

満ちていく途中、成長・活性の月◯

受けてくださった みなさまにどんな変化が起こるのか楽しみです!

今月もありがとうございました。

 

来月は9/10(mon)新月・・・始まり、浄化の月です。

ご予約受付中、気になる方はお気軽にお問い合わせくださいませ〜* 

https://www.instagram.com/p/BmslIEAF86R/

 

 

スリラー

東海エリア本当に雨が降りません。

農作物たちもカラカラです。

畑には山水をせっせと運んでいますが追い付かない・・・

 

田んぼの方は今とっても大切な時期で、

稲が成長し穂をつけ出す頃。

最も水が必要な時です。

水稲と呼ばれるほど水が必要不可欠なお米の栽培。

 

 

米づくり、私たちは "水" を大切にしています。

水の良し悪しで米の味が決まるといわれるくらい、水は重要です。

 

のうみんふぁ〜むの田んぼは、

山の清水が小川となって一番最初に流れてくるところにあります。

もちろん川や生活排水、

他の田んぼの水路などと混じることなく、

純粋な山の清水をいただいています。

サワガニやカワニナもいる綺麗な清水。

大変ありがたいことです。

 

例え無農薬、無化学肥料で育てていたとしても、水をどのように確保しているかで安心、安全の意味合いがかわってきてしまう。

 

お米は特に水が命なわけですが、

オーガニック市場ではなぜかそこはあまり意識されていないような気がします。。。

 

少し話がそれてしまいましたが、

その大切な山からの清水がもうぎりぎり。

水量が減り棚田へ流れる水が今にも途絶えてしまいそう。

田んぼも完全に密閉することはできないので、少しずつ水が浸み出し抜けていきます。

新たに水が入ってこないと循環もできません><

なんとか今できる対策を最大限して、

 雨が降るまで、稲たちにがんばってと声をかけるしかできません。。

 

その甲斐あって?水もなんとか保ちつつ健気に穂をつけ成長してくれています。

田植え祭の時にみんなで植えた田んぼにも

ようやく穂が出て来ました!

小さな白い花が咲き始める子もちらほら。

 

夕暮れ時の穂先にはカエルがしがみつき、

赤とんぼがとまりの生き物パラダイス◎

羽に特徴がある赤とんぼ、調べてみたらミヤマアカネという種類の子でした。

蛍シーズンが去り赤トンボの季節。

初秋を感じます。

 

果たして今年は無事収穫を迎えることができるのか?

雨が降るまでまだまだ油断はできません。

スリリングな日々が続きます。

 

https://www.instagram.com/p/BmAbE_8lZq0/